フォルタレサ レポサド Fortaleza Reposado

フォルタレサ蒸溜所は、元々サウザ家が所有していた3つの蒸溜所のうちの1つで、1968年に閉鎖。その後、ミュージアムとして保存され、1976年にテキーラ「サウザ」ブランドと2つの蒸溜所を売却した後も、同蒸溜所は、アガベの農園と共にサウザ家が所有し続けていました。
サウザ家5代目のギレルモは、1999年にこの蒸溜所の再建に踏み切り、2005年に100%アガベのプレミアムテキーラ「フォルタレサ」をリリース。時間が短縮できる近代的な製法ではなく、100年以上もの間、受け継がれてきた伝統的で手間の掛かる製法でつくられた「フォルタレサ」は、今や世界中から注目の集まるプレミアムテキーラとなり、世界106のバーが選ぶドリンクス・インターナショナルの「ANNUAL BRANDS REPORT2018」では、テキーラ部門でTOP10に選ばれています。

原料へのこだわり

バジェス地方のテキーラで主に使用されるアガベの球茎部(ピニャ)の重さは約45kgですが、フォルタレサで使用されるピニャは時に重量110Kg以上にもなります。その分アガベの生育に年数を要しますが、出来上がったテキーラはバジェス地方の辛味の多いテキーラとは異なり、辛味の少ない柔らかな味わいになります。

伝統的なテキーラづくり

ピニャの糖化は、近代的な「アウトクラベ(蒸気圧力窯)」では8時間で済みますが、昔ながらのレンガ造りのオーブン「マンポステラ」で30時間もの時間をかけて加熱することで、アガベ特有の青さが減り、香りにバター様のアロマが加わります。

糖化されたピニャは「タオナ」と呼ばれる今ではほとんど見られなくなった珍しい石臼で、約7時間かけてゆっくりと搾汁。ほとんどの蒸溜所で使用されているシュレッダー機はバガスといわれる繊維質を細かく切断してしまいますが、「タオナ」は繊維質を壊さないため、テキーラに不必要な雑味が加わりません。

発酵槽はステンレスではなく昔ながらの木製で、テキーラに独特な風味を与えてくれます。バガスを取り除いたモスト(糖液)のみを3日半かけて自然発酵。蒸溜は銅製のポットスチルによる2回蒸溜。熟成にはチャーを施したバレルを使用しています。

fortalesa
pina
pot-still
taona

ピニャを模ったキャップと型吹きガラスでつくられる伝統的なメキシカンガラスのボトルにも彼のこだわりがみられます。
5代目ギレルモのテキーラへの情熱によって復活した、伝統製法による奥行きのある味わいを是非お楽しみください。

テイスティングコメント

フォルタレサ レポサドは蒸溜後、チャーしたバレルで6~9ヶ月間熟成し、ボトリング。色はペールイエロー。香りはグレープフルーツ、キャラメル、バター、セージ。味わいはオイリーで、りんご、バニラキャラメル、シナモンが広がり、フィニッシュにほんのりとスパイシーさが加わります。

※ホームページ掲載商品(主に限定品)には完売しているものも含まれます。予めご了承ください。詳細な在庫状況は担当営業へお問い合わせください。
発売日 2018/05/15
商品コード CRSP-FORT-REPO
商品名 フォルタレサ レポサド
アルコール度数 40 %
容量(ml) 750
入数 6
原産国 メキシコ・ハリスコ州
地域 バジェス
主な原料 アガベ
JANコード 7502221967108

Twitter

RT @shi_bu_ta_ku: 「ビールの日?わたしゃあ毎日ビールの日だよ!」 というTLが流れてきます、今日も平和です😇 8/11は世界ビールの日!だそうです。 新宿伊勢丹の催事場でブリュードッグのビールをお買い物♪計5本😄グラスを2つゲット❗️ …えっ、稼働?? こ…