リンクウッド2006 Cadenhead's Linkwood 2006

ケイデンヘッドは1842年アバディーンに創業したスコットランド最古のインディペンデント・ボトラーです。100年に渡り、創業者の元で経営されておりましたが、1972年、スプリングバンク蒸留所を所有するJ&Aミッチェル社に経営が引き継がれ現在に至ります。ノンチルフィルターとノンカラーリングをポリシーとし、175年以上の歴史が積み上げた蒸溜所とのコネクションと磨かれた目利きによる品質の高さは他の追随を許しません。

テイスティングコメント

色はライトゴールド。香りはりんご、かりんジャム、バニラヨーグルト、微かに若草。味は黄桃、アプリコット、蜂蜜、ナッツ。ピリピリとペッパーの辛味が加わり、心地の良い余韻が続きます。 若いながらも味わい豊かで、リンクウッドの懐の深さが感じられる1本です。

※ホームページ掲載商品(主に限定品)には完売しているものも含まれます。予めご了承ください。詳細な在庫状況は担当営業へお問い合わせください。
発売日 2018/06/19
商品コード CADN-LINK-0015
商品名 ケイデンヘッド リンクウッド2006
熟成年数 11
アルコール度数 58.4 %
容量(ml) 700
入数 6
カスクタイプ ホグスヘッド
原産国 スコットランド
地域 スペイサイド
主な原料 モルト

Twitter

#ワールドカクテル選手権 勝ち抜きトーナメント ROUND ⑥ 4連勝中の日本代表「ハイボール」を破ったのは、なんとイギリス代表「ジントニック」! 果たしてこのまま勝ち抜くことができるのか?! どっちが飲みたいですか?
オーストラリアに強く根付くカフェ文化から生まれた「エスプレッソ マティーニ」☕ オーストラリア発のウイスキー「スターワード」を使って、オーストラリア代表カクテルを作ってみませんか? https://t.co/VUY62Mngyi