オチョ レポサド (2014年)

オチョ(OCHO)は2008年、ロス・アルトス(ハイランド)地方に、テキーラ界の名門カマレナ家のカルロスと、Mexican National Tequila Chamberでテキーラアンバサダーに任命されているTomas Estesが立ち上げたブランドで、オチョとはスペイン語で『8』を意味します。オチョのテキーラはそれぞれ、ひとつの農園(RANCHO)で栽培されるアガヴェ・アスールを100%使用し、その農園名がボトルに記載されています。アガヴェをタオナ(石臼)で挽き、残った繊維(バガス)を発酵に使用するカマレナ家独特の製法で、アガヴェの風味を最大限に引き出し、ふくよかなボディを引き出しています。また、樽はウッドが強く出過ぎないよう、テキーラを5-6回も熟成した後の古樽のみを使用する徹底したこだわりようです。

テイスティングコメント

オチョ レポサド(2014年バッチ):ロス・アルトスの中でもミチョアカン州に近い“サン・ホセ”という大きな区画の中に位置する農園「ラ・マゲイエラ」のアガヴェを100%使用しています。この農園の名前はメキシコでアガヴェを意味する“Maguey”に由来。色は淡いゴールド、香りは百合の花、ピーチ、プラム、アニス、ユーカリ。味わいはレモングラス、イースト、ブラックペッパーのアクセントと共に甘いローストパイン、フルーツバスケット、ココアをイメージする広がりをみせます。通常のロス・アルトスのテキーラと一線を画すバガス由来の独特な複雑さが表現されたテキーラ。

※ホームページ掲載商品(主に限定品)には完売しているものも含まれます。予めご了承ください。詳細な在庫状況は担当営業へお問い合わせください。
商品コード CRSP-OCHO-REP3
商品名 オチョ レポサド (2014年)
アルコール度数 40 %
容量(ml) 500
入数 6
原産国 メキシコ
JANコード 8280879080828

Twitter

国内初登場のインディペンデントボトラー『ジェームズ・イーディ』。 看板商品となる『トレードマークX ブレンデッド』の完成までの足跡を辿る動画が届きました。なんとあのデイヴ・ブルームもアドバイザーとしてプロジェクトに参加しています。 https://t.co/g8MGLkQyDJ
『100% Islay – From barley to bottle』 シリーズ動画の最後を飾るのは蒸溜所の未来を背負う若い世代の一人、ジェイミー・ミューアさん。... https://t.co/pPUiSALHz2